『ごっつ三国』豪華過ぎるクリスマスプレゼント #1 いきなり伝承?

ごっつ三国において、クリスマスイベントが始まった。
オープニング画面では真ん中に傾城傾国の美女三人(西施、鄒夫人、孫魯班 )が並んでいる。

赤龍は西施限定で伝承丹付きのミラクルガチャというのが始まっていた。恒例のドロップイベントやビンゴイベント、出席イベントが始まっている。
しかし、今回のドロップイベントはいつもと貰えるものが全然違った。
鄒夫人、孫魯班限定で、☆7から一気に伝承の条件となる超越覚醒+5にさせるというとんでもないアイテム「特別イベント武将昇格書」2個がわずか100ドロップで配布されている。

そこから伝承させる為の伝承丹も鄒夫人用はドロップ100で手に入り、孫魯班用は出席イベントで手に入ってしまう。
伝承という仕組みはほんの少し前に追加されたもので、現状、オープニング画面の左右にいる呂布、董卓、張遼、曹操のみが対象となっていた。
伝承は超越覚醒してレベル100になった後にそこから更に成長させる仕組みとなっている。
(限界突破はしていなくても良いらしい)

ごっつ三国というゲームはレベル7から超越覚醒させるのがかなりしんどいゲームで、全てのスキルをマックスにしなければならない。
また、レベル7の突破+5にしないと超越覚醒出来ないので、これもかなり確率が低く金貨を消費する。
超越覚醒させるだけで大変なのだけど、超越覚醒しただけではレベル70の上限が75になるだけなので、さらに覚醒石を使って、超越覚醒を繰り返し、+5にしなければならず、そこにかかる覚醒石の量は以下のようになる(以前共有したものと同じ)

覚醒度合い超越覚醒+1+2+3+4+5合計必要数
大将軍306090120150180630
丞相4080120160200240840
501001502002503001050
皇帝601201802403003601260
上限レベル7580859095100
覚醒石は武将(キャラ)を溶かす事で手に入るが、最も良く手に入る大将軍クラスだと溶かしてもたった3しか手に入らない。丞相クラスでやっと10、滅多に手に入らない王クラスで30、皇帝クラスを溶かすと90となっている。大将軍の推薦書クラスですら覚醒石が630も必要になる。

超越覚醒+5だけで十分大変であり、私はもっともコストが安い祝融夫人のみ+5のレベル100にし、更に限界突破も+5にしているが、他のキャラはR于禁ですら+2のレベル85で止めている。
その先にある限界突破は100になったキャラのみが行える。
こちらは古代の印というアイテムとキャラのクラスにあった魂を集める必要があり、クラス毎に必要数が増えていくのは超越覚醒の覚醒石と同様である。
今回の伝承には関係なさそうなので限界突破についてはここではこれ以上触れない。


このように、ごっつ三国は育成にとても時間がかかるので、二年以上プレイを継続している私でもレベル100まで到達させたキャラは祝融夫人のみ。
その困難な育成 を全て省略して鄒夫人と孫魯班のみいきなり伝承まで成長させることが出来るというのはいったい何なんだろうか?
私は鄒夫人も孫魯班も☆5までしか成長させていないから、自分的には都合が良いのだけど、いままですごい苦労して育てたキャラより、遥かにレベルの高いところまで成長させたキャラが手に入るってのはなんだか虚しさを感じてしまう。
鄒夫人や孫魯班を育成していなかった私ですら虚しさを感じるのであるから、既に苦労して100にしていた人はかなりの虚しさを感じたに違いない。
今回、鄒夫人と孫魯班のみを成長させることが出来るアイテムであることが不公平感をより強調することになっている。
これがどのキャラでもという事であれば、自分が育成していなかった中で、強くしてみたいキャラを成長させることが出来るので喜んだ人が多かった事であろう。

とは言え、育成を楽にさせる為の試みの一つとして行っているであろう事はわかる。

ごっつ三国は基本的なシステムとしてポケモンみたいに属性による相性があるのだけど、育成に時間がかかりすぎる為、相手によって属性の違う編成を用意しておくという事が事実上不可能となっている。
この本質的な問題が改善されるのであれば基本的には歓迎である。
新規プレイヤーを増やすために、新規に優しい仕組みにすることも理解できる。
それでも、僅かな手間でいままで長い時間をかけて育成してきたキャラより強いキャラが出来てしまうことに虚しさを感じてしまうので、そこをどのように調整してくるのかに期待したい。

長くなったので実際に試してみるのは次回に行うこととする。





コメント

このブログの人気の投稿

Googleスプレッドシートの正規表現置換で改行文字

Googleスプレッドシートのimportxml関数をhtmlに使う

『ベトナム語』多言語対応学習アプリDropsを一年以上続けてみた