投稿

ランダム・ダイス(Random Dice)二週間経過

イメージ
 タワーディフェンス型ゲーム ランダム・ダイス(Random Dice)を開始して二週間が経過 対戦が短時間で終わり熱中するのは一週間前と同じ感想 なんだけど、このゲームは協力モードをプレイすることでガチャのようなカードボックスの利用ポイントが貯まる仕組みで、ダイスを増やす、強化するためには協力モードを毎日10回プレイしたほうが良いという事になる。 その協力モードはプレイヤーの編成が強力になるにつれてプレイ時間が長くなっていく。 最近は40ウェーブ以上が当たり前のようになっている為、これを10回も一日でプレイするというのは時間がかかりすぎて無理だという結論になった。(55ウェーブまでいったことがある) まぁそんなに急いでプレイをしなければならない理由も無いので、のんびりプレイすれば良いと思っている。 対戦については試行錯誤の連続で、前回利用していた歯車を軸とした編成は最近あんまり使わなくなった。 けど、特にこれで勝てるって編成は思いつかない。 そこそこ勝てる編成はこんな感じ 左から感染のダイス、レーザーのダイス、盾のダイス、光の剣のダイス、ランダム成長のダイス 編成の目的も歯車の編成と違って明確な何かがあるわけでもない。 せいぜい、盾のダイスは敵を止める事が出来るので、止めたところでじわじわと感染のダイスでダメージを与えるのがメインのコンセプト 当初はさらに地雷のダイスやロックのダイスでひたすら守る感じで編成したが攻撃力が不足して勝てなかった。なのでバランスを取るために光の剣とレーザーを入れて攻撃力をアップさせた。 ランダム成長のダイスは他のダイスに変化するので実質四種類に集中させることが出来る。また突然☆7に変化する事もあるため相手を上回る速度で戦力を増強できる事がある。ただ、ランダム成長からまたランダム成長に変化して無駄に時間を使ってしまうこともあるので必ず得するわけではない。 偶然に頼りたく無いならランダム成長のダイスを外して適応のダイスを入れれば良い。 逆に、これは勝てないって編成 これ、重要なのは左の二つ、石のダイスと盾のダイス 石のダイスは最近追加されたダイスで石というよりデカイ岩がゴロゴロ転がって敵を掃討する強力なダイス 盾は敵を止めるダイス 何がまずいって敵を止める為の盾が石を止めてしまうのである。 止めてしまうどころか石を破壊してしまう。 なので、

dアニメストアがAirplayでAppleTVに映せなくなった件

イメージ
 いつからかはわからないが、年末から年始にかけての間にiPhoneアプリのdアニメストアでAirplay機能を利用したAppleTV視聴ができなくなった。 以前の記事 に書いたように、Chromecastを購入済みだったので、iPhoneからChromecast視聴する事で視聴できなくなった問題を回避することはできた。 しかし、もし私がChromecastを購入していなかったら、突然dアニメストアをテレビの画面で視聴することが出来なくなっていたのである。 これは決して軽い問題ではない。 NetflixやHulu、そしてDAZN、もちろんYouTubeといった世界中で利用されているサービスはAppleTV専用アプリが存在しているのでiPhoneからAirplayでAppleTVに映像を送って視聴する必要はない。 しかし、国内のみの小規模サービスのほとんどはAppleTVアプリを開発する余力が無いのか、AppleTVアプリは存在しない。 そればかりか、Airplayによって映像をAppleTVに送信するのを禁止しているサービスがほとんどである。 何故Airplayを禁止しているのか理由については知らない。 しかし、国内向けのサービスとしては珍しくdアニメストアはAirplayを禁止していなかった。 それだからこそ、私はdアニメストアを有料契約しているのであった。 それが突然利用できなくなった。 『この軽微な修正を行いました。』がそれを意味するのだろう。 しかし、これは軽微な出来事ではない。 テレビの画面で観ることが出来ていたのに、突然iPhoneの小さな画面でしか観られなくなったのである。 先に記したようにChromecast購入済みであったため、私にとって実害は無かった。 それでも突然このような仕様変更を行った事は重大な問題であり、記事にしておくべきだと思い、ここに記している。 余談 dアニメストアは過去のアニメの網羅率がとても高く、NetflixやHuluに無い時の頼みの綱的な存在として利用していた。 AppleTV専用アプリが無いので使い勝手は明らかに劣るから普段はNetflixやHulu、またはディズニー+等でアニメを視聴することが多いのだけど、困ったときに役に立つサービスなのは確かである。 改善していた ここまで記事を書いて、一応状況の再確認と画面キャプチャー

ランダム・ダイス(Random Dice)を遊んでみた

イメージ
 ランダム・ダイス(Random Dice)というゲームを勧められたので遊んでみることにした。 初プレイは一週間ほど前の1月2日だったかと思う。 このゲームはWikipediaに記事が作られるほどにメジャーなゲームなようだ。 Wikipediaランダム・ダイス だが、基本的にそういう説明とか攻略サイトとか観ずにゲームをプレイするスタイルなので、先入観無しでプレイを始めた。 はじめに思ったのは自キャラがみんな四角くてサイコロみたいで、なんか地味って事。 そしてプレイしてみるとわかるシンプルさ 昨今の多要素てんこ盛りのゲームが多い中、ひたすらシンプルに対戦と協力プレイを行うゲームスタイル そして始めて少しして、多分30分くらいで面白いと確信していた。 一回のプレイが短時間(5分くらい)で終わるのもとても良い その割には熱中して何度も対戦をしてしまうのであっという間に時間が過ぎる。 ゲームの概要としては迫ってくる敵をダイスの攻撃で守り抜くというもの。 つまりはタワーディフェンスタイプということになる。 ダイスの種類はたくさんあって、一週間ほどしかプレイしていない現状ではレア度の高い伝説クラスのダイスは4つ手に入れたが、まだ伝説クラスは残り22あるようで、能力も把握していないしゲームバランスについて言及できるような状況ではない。 今現在の感想としては、このゲームは5つのダイスをどう組み合わせるかによって強くも弱くもなるということ。 レア度が低いダイスも適切に組み合わせれば十分強いと感じる。 私が対戦で使う編成も現状は伝説クラスを一つも入れていない。 伝説クラスより一つ下の英雄クラスやさらに下のレアクラスを多用している。 これが本日の編成 左から ・スイッチのダイス(英雄)  同じ出目の第すと位置を入れ替えることが出来る ・歯車のダイス(英雄)  歯車のダイス同士を並べると攻撃力が上がり連結している数に応じてどんどんあがる ・ランダム成長のダイス(レア)  ダイスが生成されてから結構長い時間が立つと編成中のいずれかに1〜7の出目に変化する  ・炎のダイス(英雄)  生成直後凄い攻撃力だがどんどん下がって行って消える  ・壊れた成長のダイス(英雄)  生成されてから短時間で編成中の他のダイスに変化する。  変化した際に出目が1個上昇か下降する(1なら消える)  炎のダイスの部分

伝承はインフレなのかバリエーションなのか

イメージ
三国志ゲームアプリ『ごっつ三国』には伝承というものがある。 伝承について(公式サイト) 以前にも伝承について少し触れた事があったが、実際に伝承をしたキャラを使い込んでいたわけではないので、使い込んでみた現状わかったことを記しておく。 論点としてはインフレによって初期登場キャラが使い物にならなくなるゲームが多い中、バランス調整によって初期登場キャラを使い続けることが出来るのが『ごっつ三国』の良いところであった。 しかし、伝承によって急激にインフレが進んだ気もしている。 伝承は従来キャラを更に育成する事が出来る仕様なので、初期登場キャラが使えなくなるという問題を回避しつつ、目新しさや新たな作業を提供する仕組みだとも言える。 では実際にどうなのか、常に使用している祝融、あと、ついでに伝承したことはない東川王について伝承前と伝承後を比較してみる。 祝融 第一スキル 伝承前 伝承後 祝融の場合、そもそも猛将から射手にクラスチェンジしてしまうのでほとんど別のキャラだから単純なインフレではない でもまぁ一応比べてみると、この第一スキルは似ている。 伝承前が前列、中列の4人対象に対して、伝承後は敵最大5人と、なっており、後列にも当たるようになったのが大きい 伝承前は緑ダメージ11676、3.6秒間ダウン、ダメージ増加25% 伝承後は緑ダメージ11893、6秒間5350の毒ダメージ、7.2秒間気力回復減少90% 基本の緑ダメージはほとんど変わらないが、伝承後はダウンが無くなった代わりに毒ダメージが6秒続くので与えるダメージは大きい。伝承前が相手の防御力を25%減らすという攻撃的な効果なのに対して伝承後は相手の気力を回復を90%減少させるという全体的に相手の攻撃を遅らせるスキルとなっている 伝承前が3.6秒間しか続かないのに対して、伝承後は毒が6秒、気力減少が7.2秒とかなり長くなっているは大きな差だと感じる。 宝貝のどろどろした追撃を付けると更に1.5倍の時間になるので毒は9秒続くはず。 第二スキル 第二スキルは全く異なる。 伝承前が出血連鎖なので、娘の花鬘ちゃんの出血から母の祝融がとどめを刺すという流れだったのに対して、伝承後は自動スキルとなっている。私は自動スキルというものがどういう状況で出るものなのか未だにわからない。とにかく時折発動する。 伝承前が味方1列のみだが9.6秒間も

『ごっつ三国』君主官職が左将軍そして衛将軍と昇進した件についてのあれこれ

イメージ
 三国志ゲームアプリ『ごっつ三国』には対戦の順位などの他に迷宮のクリア速度や仙人の塔を何階まで登れたかなど、様々なランキングがある。 どのランキングも上位になればなるほど定期的に金塊が送付される。 その中で、一つだけ君主そのもののランキングがある。 この君主ランクは他のランキングと異なる部分があり、150位以内でないと一切金塊が送られてこない。 全プレイヤーの中で150位以内にならないと金塊が送られてこないのはかなり厳しい。 なので、きっと上位は重課金者のみが占めていて私がいくら頑張ったところで上位に入ることは無いと思い込んでいた。 ところがお世話になっている軍団ORCAの団長ioさんがそうではない事を教えてくれたので、数ヶ月前から順位を上げる為の名誉ポイントを頑張って稼ぐようにしていた。 名誉ポイントというのは宝貝を何回強化したかとか、アクセサリーを何回改造したかとか、普通にプレイしていても徐々にもらえるものが多いのだが、当然ながら普通にプレイしているだけでは順位は上がらない。 基本的には順位をあげようと思ったら無駄なことを毎日繰り返すしか無い。 例えば、まず実際に使うことはないであろう通常宝貝を強化し続ける。 これはなんにも面白くない行為であり、普通のプレイヤーはしないであろう。 その普通のプレイヤーはしない事を延々と繰り返し続ける事で名誉ポイントはちょっとずつ増える。 このちょっとずつがじわじわと差を広げ、徐々に普通ではない順位へと昇り始めるのである。 名誉ポイントのミッションは四種類あり、武将、戦場、建設、君主となっている。 武将ミッションは武将を集める、伝承武将を集めるなど武将らしいものから軍団に龍の印を寄付した数量でもらえるものなど、それは武将じゃなくて君主じゃないだろうかというものも含まれている 戦場ミッションは武将対戦の勝利数、闘技場の勝利数、闘技場の連勝数など、戦闘に関するものが多いが宝貝強化やアクセサリー改造などもここにある。 建設ミッションは塔の建設など、全て建設となっている純銀の印、純金の印がないと進まないので、このミッションは私は無視している。 君主ミッションは数が少なく、序盤でもらえる君主ランク99到達とか領地の所持数とか軍団城で寄付券を使った数など、最近追加されたものが多い。装備の精錬も最近追加されたものだと思われる。しかし、装備進化が

『ベトナム語』多言語対応学習アプリDropsを一年以上続けてみた

イメージ
 以前、おすすめ学習アプリとして記事を書いた『Drops』 一年以上続けてみて思ったことを記しておくことにする。 だいたいこの手のアプリレビューというのは一週間程度使ったレビューが多いから、一年以上使ったレビューというのは少ないので誰かの役に立つかもしれない。 以前の記事『 ベトナム語学習アプリまとめ 』では9/10点とかなり高評価を行っていた。 南部発音という事もあり、ちょっと甘めに採点していたかもしれない。 では、まずはその南部発音なのかについて再考察してみる Dropsは南部発音なのか? D まずDの発音はだいたい濁らない南部発音になっている。 いわゆるヤ行音である。北部のザ行音ではない。 Gi このGiは微妙でgiờとかは濁らない南部発音だけどgiác mơとかは濁った北部っぽい発音で収録されている。 法則性があるのかよくわからず結構気になる。 ざっと確認すると 濁らない giờ giùp hình tam giác gió gia đinh cáu giận thư giãn biển báo giao thông 濁る giăm bông hình bát giác giương giác mơ máy giữ ẩm điểm giao cắt 漢越語の「交」を意味する「giao」は濁ったり、濁らなかったりで聞いていてかなり戸惑う R Rはほぼ濁らない南部発音 こんな感じなのでまぁ気になるのはgiが単語によってかなりの揺らぎがあるという事。 実際に人によって発音が違うことを再現するためにこのように収録しているのか、特に意図もなくこうなっているのかはわからない。 オンライレッスンで複数の南部の先生とレッスンをしていると人によって発音がかなり違うというのは事実として感じるので、これはこれで良いのかもしれない。 南部言葉 概ね南部発音なことは再確認出来たので、そもそも南部言葉なのかについても考えてみる。 太ったはmậpで収録されているから南部といえる。北部なまりならbéoになるが収録されていない。 帽子はnónで収録されているからこれも南部。しかしニット帽はmũ lenと北部のmũになっている。 ベレー帽、ハンチング帽もmũで収録されているのでちょっと複雑 傘はôで収録されているので北部。南部はdùだが収録されていない。 車(自動車)はxe hơiなので南部。

『ごっつ三国』異民族の蹋頓と禿髪樹機能

イメージ
 以前の記事に記したように私は国家戦を異民族の編成にしている。 最近は使い勝手が良いので闘技場でも異民族編成で挑むことが多い。 春秋と異民族の混成が一応主力なんだけど、混成なので強さと脆さが併存していて使い勝手は悪い。相性の良い相手には強いけど、相性の悪い相手には勝てないし、混成だとパワー不足になるので互角の相手には勝てないことが多い。 なので最近すごく異民族編成を利用する機会が増えた。 軍団戦でも毎日使うのは異民族。 防衛が春秋オンリーの自爆編成なので、攻撃は異民族編成としている。だから春秋は防衛で自分で使うわけでもないので感情移入度がどんどん下がっていっている。 さて、そんな異民族編成だけど、花鬘ちゃん狂想曲で記したように、伝承した花鬘ちゃんがやたら強くて、おかげで勝てる編成になった。 伝承した祝融も高火力で、二人で状況を大きく変えることが出来る。 ところで、花鬘ちゃんと祝融が伝承したタイミングで同時に伝承した異民族キャラがもう一人いる。 禿髪樹機能である。 異民族の中でもかなりのマイナーキャラで演義で出番のある孟獲とか祝融、兀突骨とかと比べると知名度は大きく劣り、蒼天航路で強い印象が残っている蹋頓と比べても遥かに知られていない人物である。 私は演義に興味はないので演義で活躍した人物を使いたいとは思わないし、歴史上活躍した人物は積極的に評価したいとは思うのだけど、禿髪樹機能に関しては、はっきりいって使いたいと思えないキャラである。と言っても使いたくない割に結局使っている東川王のような例もあるので、一応ここで分析を行うことにする。 なんと言っても同時に伝承した二人が劇的に強いのだから禿髪樹機能も強いことは容易に想像できるし対戦してみても滅茶苦茶強いと感じるのだから。 この際だから、伝承前の方は割愛しよう 第一スキル 前列、中列に毒ダメージとダウン こう書くと普通そうに思えるけどかなりのダメージを与える派手な攻撃 第二スキル 毒連鎖 緑貫通ダメージで凄い破壊力 さらに神経毒と気絶 なので、神経毒連鎖や気絶連鎖で確実に仕留める事が出来る 第三スキル この致命打100%が第二スキルの破壊力を生み出す原因 第二スキルが出るという事は相手が毒にかかっている事を意味しているから、致命打100%状態で決まることになる。 第四スキル 後列の二人にダメージを与え気力減少、そして気絶