投稿

Chromebook上のLinuxにゲーム開発環境Unityをインストールしてみた

イメージ
 ゲーム開発環境UnityをChromebookにインストールしてみた。 まだインストールしてちょっとキャラクターを動かしてみただけなので、まともな感想が書ける状況ではないのだけど、なんというかちょっと触ってみた感じとして少し述べておく。 インストール Linuxを有効化してあるChromebookであれば公式サイトのUbuntu/Debianの手順で進めると普通にインストール出来る。(インストール中のメッセージで一部エラーっぽいのが出ているがちゃんと起動する) Unity HubをインストールしてしまえばUnity HubからUnity Editorはインストールできるので個別にダウンロードする必要はない。(個別にダウンロードしてしまったあとに気がついた) あ、一点、注意すべきはChromebookでLinuxに割り当てる領域。デフォルトは10Gになっていて、その状態だとUnity Editorをインストールしようとすると容量不足だと表示される。 なので私の場合は64GをLinuxに割り当てた。外付けのデバイスにインストールするなら割当を増やさなくても大丈夫かもしれない。 これでUnity Editorが起動する。 ここで注意すべきはUnity Hubを日本語に設定してもUnity Editorは日本語にならないということ。Unity EditorはUnity Hubからインストールで歯車を選んでモジュールを加えるから言語パックで日本語を選んでインストールする必要がある。 Unity Editorを日本語にするべきかについては英語のままのほうが良いという意見もあるようだが、私は日本語にしておいた。 Unity Editorが起動してしまえばもうゲームの制作は可能となっていて、こんな感じでキャラクターを動かすところまで出来てしまう。 これは適当に作ったPNG形式の禁止マークを動くようにしたところ。 ここまで試してみて、現代のゲーム開発環境は昔とは全然違うということを実感した。 画像を登録すればそれをキャラとして動かす事は即座に出来てしまう。 まぁ数年前にScratchでプログラムを試したときもそう思ったのだけど、キャラクターを動かす事や当たり判定は予め用意されている。 今現在ではそれは当たり前の事だと思われているのだろう。 私が初めてゲームのプログラムを始めた頃、当

今年の抱負のような変な文章

イメージ
さて、令和5年、2023年が始まった。 これと言って書きたいテーマがないので、今年どうしたいのかって事を年初らしく記しておきたい。 といっても、基本は継続だと思っている。 昨年8月以降、とにかく無理をしない範囲でベトナム語の学習を続けていた。 試験のような目標を設定せずに、やれる範囲で、しかし確実に一歩一歩前に進むという方針で、学習ペースはゆったりだが、復習に時間を使い、教えてもらったことをとにかく記憶に残す方針で進めてきた。 今年はこれを更に推し進めたい。 そして、最近、三国志ゲームアプリ『ごっつ三国』の表示言語をベトナム語に固定する事にして、半ば強制的にベトナム語を読まないといけない状況を作った。 以前もパソコン(Linux)の表示言語をベトナム語にしていた時期もあったが、使ったことがないアプリケーションを起動するとかなり困難な状況になり、半年ほどで元に戻してしまった。 『ごっつ三国』も以前ベトナム語に切り替えて表示を確認したり、ブログネタにした事があったが、当時はベトナム語固定にするとわからなくなってストレスが溜まったので戻してしまった。 今回、数日経過した現在、時々日本語に戻すことはあるものの、すぐにベトナム語に戻すようにしている。以前は困ってしまう事が多かったが、今は以前より分かる言葉が多くなったので、わからない言葉だけ辞書を引くとそれほど時間はかからないし、漢越語はなんとなく組み合わせで意味を推定出来るのでなんとかなる。 重要なのは嫌になるほど高い壁を設定しないことだと思う。 ほとんど理解していない時点で身の回りの環境を外国語に切り替えるのは厳しく、逆にその言葉が嫌いになってしまうだろう。 だから、既にルールを理解しているゲームで、別にわからなくても大きく困ることがない状況でベトナム語に切り替える事で、日本語だったらこう表示されていたけど、ベトナム語だとこうなんだとわかるくらいが私には丁度いい。 登場キャラが三国志の人物なので、元の漢字を理解しているから「この漢字はこの綴なんだ」というのがわかるのも楽しい。 (例)Tôn Sách 漢越語で孫策 孫=Tôn だとわかる ベトナム語という言語はとにかく最初の敷居が高い。 日本人では到底理解できない発音の難しさがあり、学習して覚えたつもりになってもまったく聴き取れず、話しても通じない。 そんな、やる気を失わせ

誤訳? タイプミス? 楊阜と養父 Dương Phụ và Cha nuôi

イメージ
少し前、三国志ゲームアプリ『ごっつ三国』において王允(おういん)がリニューアルされた。  この固有の顔を持たない、いわゆるモブキャラといわれる状態から、以下のようにリニューアルされた。 何故王允のリニューアルを取り上げているのかと言うと、この説明文にある。 リニューアル前の王允の説明文 「夢は大きかったが失敗した漢の忠臣。しかし、貂蝉の父」 リニューアル後の王允の説明文 「漢の忠臣、美女の楊阜、隠密の謀略家」 明らかに変な文章、というかぱっと見てタイプミス? と感じる。 美女は貂蝉の意味であろうから、楊阜(ようふ)ではなく養父(ようふ)としたかったのだと思われる。 ちなみに楊阜は三国志の登場人物の一人である。ゲーム内ではほぼ出番のないキャラとして存在している。(序盤に自動的に味方に入っていた気もする) では、この翻訳ミスなのかタイプミスなのかよくわからないが、言語を切り替えてベトナム語で確認してみよう。 Trung thành với Hàn Y, cha nuôi của mỹ nhân, đồng thời là một kẻ chủ mưu bí mật. trung thành 漢越語で忠誠 忠実な、忠誠心のある cha 父 nuôi 育てる、養う cha nuôi 養父 mỹ nhân 漢越語で美人 美人 đồng thời 漢越語で同時  kẻ 者、人 chủ mưu 漢越語で主謀 首謀者 bí mật 漢越語で秘密 まとめると 「漢の忠臣、美人の養父であり同時に秘密の首謀者」 とだいたいこんな感じ やはり、養父であって楊阜ではない。 ちなみに、楊阜をベトナム語で表示すると以下のようになる 楊阜=Dương Phụ 漢越語のままの表記となっている。 追記、余談 なお、Dương Phụ の発音を日本語の50音で正しく表記することは出来ないが、どんな感じの発音なのかというと 南部ベトナム語 ユーン フー 北部ベトナム語 ズオン フ 南部発音の方が日本語の音読み ヨウフに似ていることがわかる 南部ベトナム語の方が日本語の音読みに近い例としてはもっと似ている蚩尤(しゆう)を見ると面白い 蚩尤=Xi Vưu  南部ベトナム語の発音は シー ユー 北部ベトナム語の発音は シ ヴー Vをヤ行で読む南部発音の方が日本語のシユウに似ている事がわかる

ごっつ三国はシナリオに主軸を戻すべきでは?

イメージ
 三国志ゲームアプリ『ごっつ三国』はRPGと銘打っている。 確かに、ちょっとずつキャラを育成してシナリオを進めるというシステムであるからコンピューターRPGにありがちな内容である。 だが、シナリオは結構早い段階で全てクリアしてしまう。 まぁ、徐々にシナリオは追加されていっているので現在では昔より時間がかかるのだろうけど、限りがあり全てクリアしてしまうとRPG的な目的を失ってしまう。 シナリオ以外にシナリオ的なコンテンツとして伝記、迷宮、仙人の塔が存在している。 伝記はシナリオと似たものでシナリオが三国演義ベースのストーリーを追っていくものに対して史実の伝記を一人ずつ体験するようになっている。 史実ベースであることは魅力的であるが、こちらもすぐにクリアしてしまう。 迷宮は名前こそ迷いそうではあるが一直線のコンテンツで面白みは無い。こちらもすぐにクリアしてしまう。そして週に一回しかプレイできない。 仙人の塔はキャラごとに気力が設定されており、使うと気力が減少する。そういう仕組なのでたくさんキャラを育成している人が有利となる。持っているキャラの範囲でしか先に進め無い。クリアという概念が存在するのか知らない。これは他のコンテンツとは違いすぐに終わってしまうわけではない。だが、仕組み的にたくさんキャラを育成した人が有利であり、工夫する要素が少なく面白みが感じられない。この為、このコンテンツを目標にキャラを育成する人は少なそうである。 ごっつ三国のキャラはシナリオ的なコンテンツ向けのキャラと対戦向けのキャラがある。 例えば医者として有名な華陀はウェーブ毎に回復スキルが発動する。ウェーブとはシナリオにのみ存在する概念であり、大概のシナリオは3つの場面に分かれており、この場面一つ一つをウェーブと称している。対戦では開始時に一回スキルが出るのみである。 華陀のようなキャラはシナリオでは重宝するが、対戦では特別感はない。 ごっつ三国の問題はRPGと銘打っておきながらシナリオ的コンテンツはすぐにクリアしてしまいやることがなくなる事である。 そうすると面白くもなんとも無いクリア済みシナリオの周回という作業を行い、キャラを育成し、対戦コンテンツで勝利することを目指すのが主軸になってしまう。 主軸がシナリオから対戦に移ると、華陀のようなシナリオで効果を発揮するキャラをメインで育成する意味が無く

ベトナム語学習の近況 2022/12 học tiếng Việt

 8月に3年振りにベトナムに行って以降ちょっとベトナム語に対するモチベーションが下がっていたが、8、9月はChâu 先生との集中レッスンをしていたし、並行してBeba先生とのレッスンもしていた。(Châu 先生は多忙なので9月末迄と決まっていた) 10月以降はレッスンはBeba先生のみとなりマイペースで急がず無理をしない範囲でベトナム語の学習を続けていた。 多分、以前よりも復習する余裕があるので教えてもらったことへの理解度は増しているように思える。 その割には最近はベトナム語そのものに対するブログ記事を書いていない。 以前よりベトナム語の知識は増えているのだけど、知識が増えたことよりまだ全然理解していないという事実認識のほうが強くて記事にしたいとは思えないでいた。 だけども、現状を記録しておくのもの良いかと思いここに記している。 南部発音のBeba先生と毎週レッスンをしていると徐々にVをヤ行で発音することに慣れてきている気がする。 Beba先生とレッスンを始めたばかりの頃はA và B (AとB)といったVの部分をヤ行音で発音されると何を言われているのかわからなかった。với gia đình (家族と)のVも当然ヤ行、vợ chú (あなたの奥さん)のVもヤ行、何を言われているのかわからない状態だったが、毎週レッスンをしてもらっていると段々とわかってくる。 北部弁はザ行音がやたらと多いが南部弁はヤ行音がやたらと多い。それは以前からわかっていたが、8月以前はVはヴァ行音で発音していたので今ほどヤ行音が多くなかった。 gia ヤ行音 北部はザ行音 và ヤ行音 北部はヴァ行音 dạ ヤ行音 北部はザ行音 ra ラ行音 北部はザ行音 南部のラ行音の多さも凄いが北部のザ行音の多さも凄い。まるで別の言語。 文法 発音は物凄く重要で、そこを頑張らないと聴き取ることも出来ないのだけど、次の段階として文法も重要で最近は徐々に使える文法が増えてきている。 毎日のDropsでの単語学習後に作る例文では教えてもらった文法をなるべく使うようにしている。使わないと記憶が定着しないので例文作成は重要。まぁ学習した単語も使わないと忘れるので、単語と文法を両方とも記憶に定着させるために例文を作る。 ただ、誰かにチェックしてもらっているわけではないので間違った例文作ってもそのまま間違いに気が付かな

素晴らしいBeba先生に感謝の気持ちを込めて

イメージ
 11月20日はベトナムでは教師の日 昨年は下手な絵をVĩ 先生に送ったのだけど、最近オンラインレッスンを受けているのはBeba先生のみなので今年はBeba先生の絵を描くことにした。(正確には何をあげるべきかとベトナム語仲間のhさんに相談していた時に絵を描くことを勧められたのがきっかけ) しかし、時間がないからと焦って急いで下書きもせずに絵を描いていたら見られないほど酷い絵しか描けず、自分の画力の無さを痛感した。すっかり錆びついていた。 そして更に時間はなくなっていた。 私はある方針を定めた。短時間でそこそこ見られる絵を描く。 デッサンの過程を省略し、動画から静止画をキャプチャーし、それを元に線を引く。 線はApple Pencilでフリーハンドで引く。 とにかく見られるように色鉛筆モードで線を頑張って引く、デッサンの過程を省略しているのでいきなり仕上げから入るようなもの。 そうして描き始めたのが19日の午後、つまり先週のこのブログを書く時間。 翌日は旅行で名古屋に行ったので、行き帰りの往復2時間、ひたすら線を引いた。 帰ってからも1時間位線を引いただろうか。 それで出来上がったのが、下の絵 手抜きなので一般公開はしない方針で先生とhさんにだけ送った。 けど、まぁいかに手抜きかをちゃんと説明すれば良いかと思いブログネタとして公開することとした。 手抜きとはいえ、線を引くこと自体は頑張ったので公開しないのは勿体ないような気がしたのである。 ーーーーー Beba先生はベトナム語も日本語もネイティブレベルに喋られる凄い先生で、私は毎週レッスンに感謝している。 生の南部発音に触られれる上に、ベトナム語の特性と日本語の特性を熟知した上での文法解説をしてもらえるのでとてもわかりやすい。 Beba先生のYouTubeチャンネル https://www.youtube.com/@BEBAvietnam Chúc mừng ngày giáo viên,luôn luôn cám ơn rất nhiều cháu Beba!

思い込みというのは怖いもの(孫策の指輪を強化してしまった件)『ごっつ三国』

イメージ
 孫策(王クラス)通称『黒策』の育成を始めた。(三国志ゲームアプリ ごっつ三国) 使ってみるとなんともシンプルで強いが、周りがしっかりしていないと強さを発揮する前に敗けてしまうキャラだと感じた。 といってもまだ限界突破+3の段階なので、+5まで育てると感じ方は違うかもしれない。 しかし、まぁとにかくシンプルに攻撃力が強い。 どうせだからとアクセサリーをいろいろ付け替えてスキル1の攻撃力がどう変化するかを見てみた。 強化していない状態のアクセサリーを比較すると耳飾りが一番攻撃力が増えることに気がついた。 だが、炎属性の孫策なら炎属性攻撃を上げたほうが強くなるはずと思い込んでいた私は耳飾りではなく炎の指輪を強化してしまった。 後からTwitterで数値指定とパーセント指定の攻撃力アップでは数値指定の方が強くなるという事を教えてもらった。 耳飾りは数値指定、指輪はパーセント指定、だから耳飾りの方が攻撃力が強かったのだ。 先の検証でそういう結果は出ていたのに思い込みというのは怖いもので、炎属性だから炎攻撃力を強化するという方針の元に指輪の強化を進めてしまった。(細工まではしていない) 私は一体何をやっているんだろう……。 しかも、致命打攻撃力を上げたほうが強くなると聴いていたので腰帯の第二能力を致命打攻撃力にして最大まで強化を試してしまった。(アクセサリーでは第一能力で致命打攻撃力を増やすことが出来ない。しかも致命打攻撃力、致命打発生率を第二能力で選べるのは防御系の腰帯と足輪のみ)(こちらも細工まではしていない) Twitterで致命打攻撃力は倍率が変わると教えてもらったので、スキル1を基準にして攻撃力と致命打攻撃力を試算してみたくなり試したのだが、結果は指輪の第一能力に加えて第二能力を攻撃力にした方が腰帯の第二能力を致命打攻撃力にするより攻撃力は高いという試算になった。 検証のためとはいえ最大まで強化した事で粉を大量消費してしまった。 この試算によって、はっきりしたのは腰帯も指輪も選択ミスでありアクセサリーで攻撃力を上げたいなら耳飾りを選ぶのがベストだという事である。 しかし強化の粉を使ってしまったので、耳飾りを強化するだけの粉が無い。 そもそも、今まで光の指輪、緑の指輪、炎の指輪を一つずつ最大まで強化、最大まで細工していた上で孫策の為にもう一つ炎の指輪と陽帯を強化してし