投稿

タイムシフトマシンの夢と現実

イメージ
ヨドバシで東芝のタイムシフトマシンを購入した DBR-M3009 3TBのモデルである。4TBのモデルもあったが、3TBのこの機種の方が最新だったので、この手の機械は最新のものを買った方が何かと安心であるからこの機種にした。 それに同時に買った6TBのUSBハードディスクは僅か1万5千円程であり、4TBモデルは3TBモデルより1TB多いだけで1万8千円高かったのも3TBを選んだ理由である。 しかし、この選択が正しかったのかは実ははっきりしない。 詳細は後に述べる。
そもそも何故購入したのか?今まで使っていたレコーダーが東芝のRD-X10で、Blu-rayドライブが壊れており、録画したものをBlu-rayに焼くことが出来ず、このままではいつか壊れて失われるかもしれないというのがあって、後継機を買わなければならなかった。 Lan接続のハードディスクに映像を移す事も出来たが、何故か一部の映像はLan経由で移動不可と表示されていたので、東芝同士なら移動はスムーズに行くだろうという理由で後継機は東芝一択となった。 4K対応にするか否かについては既にテレビで4Kを録画出来る状況であることと、4K放送に面白いものがない事を実感しているので見送った。 それなら以前から使ってみたいと思っていたタイムシフトマシンを買ってみようと思ったわけである。 タイムシフトマシンは録画予約とか面倒なことをしなくても全チャンネルを勝手に録画してくれて後から見たいものを見れる仕組みだ。(と思っていた。) ただ、私は2001年くらいからテレビの地上波をほとんど見ない生活を送っていて、地上波に魅力を感じていない。 と言っても「ベトナム」とか「岡村靖幸」とか一部のキーワードをレコーダーに設定していて自動録画はしていたので、気が向いた時に自分が気になるものを見たりはしていた。 それは地上波だろうとBSだろうと関係なく録画されているものから選んで観るという事をしていた。 これが実は結構不便で、現在の機種なら違うのかもしれないが、ずっと使っていたX10は古いものを削除してくれないのでいつの間にかハードディスクがいっぱいになっていて録画されていない事が頻発していた。 そもそも、普段はNetflixやHulu、DAZN、ディズニー+等をappleTVで視聴しているのでレコーダーを確認することすら面倒になっていた。 そんな私にとってタイムシフトマシ…

『半沢直樹』と『下町ロケット』

イメージ
半沢直樹の新シーズンが放送されている今、まずは前シーズンを始めから見直してみようと思って観てみた。ちょっと感じたことを残しておくことにする。『半沢直樹』はやはりハラハラ・ドキドキする展開で、ちょっと怖く感じるが面白い。だけど、7年前に観た時とはちょっと違う感覚があった。7年前は仕事でストレスがとても多かったので、半沢直樹がピンチになるような場面では本当にドキドキして怖くなって次回を観たくないと思うほどであった。しかし、今回は2回めということもあれば以前より精神的に落ち着いているという事もあって、そこまでの怖さはなかった。それより気になったのは『下町ロケット』と似ていると感じたことである。一本のネジにこだわる半沢直樹。工場で働く人の気持ちがわかる銀行員。『下町ロケット』は逆に工場側の立場で自分たちの技術をわかってもらうために努力するドラマだ。原作者が同じ池井戸潤なので似た雰囲気になるのは当然と言えるが、この二つの作品は視点を逆にしているだけで構成はとても似ている。『半沢直樹』では出向させられる事から逃れるのが一つの大きなテーマになっているが、『下町ロケット』では出向させられた経理課長(?)が信頼を勝ち取っていく場面があったり、逆の立場が描かれる。他にも随所に観られる両作品の共通点、銀行員、出向、粉飾、手作り、特許、努力、信頼、裏切り、そして逆転。だけども、私は『半沢直樹』の方が好ましく感じる。窮地に立たされながら不正を暴き大逆転する様や流行語になった『やられたらやり返す、倍返しだ!』は気持ちが良い。観終わった後にすっきりする内容で、ほぼプラスの印象しかない。『下町ロケット』は私が子供の頃から好きな吉川晃司が出演するということがきっかけで観たのだけど、これはこれで面白かった。『下町ロケット』にはその表題どおりロケットの打ち上げという夢のある仕事にかかわっており、そういうところはとても気持ち良いなぁと思う。しかし、展開の中でどうしても技術的に足りない時に、それを解決する方法がほぼ毎回全社員の残業によるものであるのはいささかどうなんだろうと疑問を感じざるを得ない。残業どころか徹夜して頑張れば解決するといった展開っていつの時代の根性論なのかと思ってしまう。睡眠時間削って長い時間働けば良いアイデアが出てくる? そんな馬鹿な。それならGoogleの社員はみんな超長時間労働でも…

『ごっつ三国』の近況

イメージ
さて、私にとって多分そろそろプレイを開始して3年目を迎える三国志ゲームアプリ『ごっつ三国』の近況を確認しておく。君主情報 所持武将の統計はこんな感じ。元々魏で始めたので魏が一番戦闘力があるが、現状の主力編成は春秋+異民族であり、軍団戦では防衛を春秋、攻撃を異民族としており魏の出番は無い。総力戦でも春秋、異民族、女人(寄せ集め)の三編成であり、滅多に魏を使うことはない。こんな感じで既に三国志のゲームをやっているという感覚すら薄れてきている。もっとも、ごっつ三国に異民族がいる事は悪いことだとは思っていない。まぁ一部地域のキャラが変に贔屓されているんじゃないの?って点はともかくとして、三国演義でも正史三国志でも軽視されがちだが異民族の存在が歴史に大きな影響を与えていたのは間違いない事実であり、三国志の世界を少し広い視点で観るためには異民族の存在は良いと思う。また、春秋戦国時代や楚漢争覇時代の人物がご先祖様枠で登場するのも良い。三国志を読んでいると故事が良く出てくるので、必然的に前の時代の人物に興味が生まれる。なので、過去の時代の人物が登場するのはあまり違和感がないし、曹操が許褚の事を我が樊噲と言った事からゲーム内で許褚と樊噲に組み合わせがあるのも面白い。それに対して初期のコラボキャラであるサムライスピリッツのキャラは浮きまくっていて違和感があった。それについては多分かなりの非難があって、春秋戦国や楚漢争覇といった違和感の無いキャラの追加に至ったのだろうと思う。業績 業績を確認すると、君主ランクは最近200位付近に上昇しているが、100位以内は遠すぎて達成出来るとは思えない。総力戦は259位と育成で迷走した事により、広く薄く鍛えたことがここでは役に立っていて3回のうち2回勝てば良いので他よりちょっと順位が良い大将戦は最高で548位、昨年よりずっと上昇しているのは、割り切って使っていないキャラをどんどん分解して覚醒石にしたから。ただ、それでもメインの春秋+異民族でまだ猛獲が限界突破出来ていない状況。国家戦は春秋のみの自爆編成でやっているのだけど、異民族でやっても同じくらいの順位になる。現在の順位は500位前後で最高順位の382位からは随分落ちたかな。先鋒戦は当然最高順位は1位だけど、現在順位は90位くらいをキーブしている。もう先鋒戦で1位に返り咲くのは難しいと感じている。大将…

ベトナム語検定の模擬試験をやってみる(準6級)

イメージ
以前購入したベトナム語検定の過去問題を使って、そろそろ模擬試験をやろうと開いてみた。まずは一番やさしい準6級を受けてみよう。
 準6級はリスニング問題20分と筆記問題30分で構成されている。リスニング問題は付属CDに収録されている。CDって今どきほとんど使わないものだから、これを聞ける環境を作るために現在は取り外したままになっていたパイオニアのブルーレイプレイヤーを設置してみたが、長期使っていなかったのでトレイが開かなくなっており挫折した。さらに昔に使っていたIOデータのメディアリンクプレイヤーを設置してみたが、こちらもトレイの開閉が怪しく、またなんとか開けてCDを設置してみたもののCDを認識しなかった。結局、本の印刷くらいしか利用していないレッツノートにCDを入れてiTunesで聞くことにした。これはなんとか出来たがスピーカーがしょぼくて音質は微妙だった。Bluetoothでアンプ出力すればいいんだけど、すぐに模擬試験したかったのでやめた。いざ開始しようと準6級の問題、第1回が何ページに有るのかと目次を確認すると目次には5ページから各級過去問題があるとしか記されていない。5級が何ページ、6級が何ページ、準6級が何ページと記されているべきであり、とても不親切である。結局パラパラとめくりながら108ページから準6級の第1回リスニング問題があることがわかった。CDの方も何トラック目が準6級なのかはテキストを見るまでわからない。いろいろと不親切である。なんだかんだで開始までに1時間位かかってしまったが、なんとか始めることが出来た。始めてみると、リスニング問題はやはり難しいと思った。スピーカーがしょぼい事も多少影響があるかもしれないが、それ以上にリスニングというのがまだ慣れていないのだと感じた。音声は北部発音で、私がメインで学習している南部発音と大きく異る事も影響はしているが、だからといって南部発音が楽に聞き取れるのかというと、そんな事はない。リスニング問題は4つの種類にわけられており、それぞれ5問ずつある。問題1は声調を聞き分けるテスト、問題2もそんな感じ、問題3は日本語の説明にあったベトナム語を音声で判別するテスト、問題4はベトナム語の質問に対して適切なベトナム語の返答を選ぶテスト問題4はかなり厳しかった。そして筆記問題こちらは6種類に分かれている。問題1は短い文章の一…

『ごっつ三国』複数の通貨と不便の効能

イメージ
はじめにごっつ三国の世界では通貨のような役割をするものが複数ある。私はゲームを始めた直後からこの事が気になっていた。 第一に不便だし、要素が多ければ多いほどプレイヤーはその意味を理解するのに時間がかかるので不親切だとも思った。 通貨のようなものは金貨、金塊、龍の印、現金チャージ、他には各種ポイントがある。例えば闘技場商店は闘技場ポイントでしか購入できない。ポイントは遊べるモードが増えるたびに新たなポイントと商店が作られている。 現実世界では1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉、1000円札、2000円札、5000円札、1万円札があるが、100円玉10個と1000円札一枚は等価であり1000円札でしか買えないものとか、100円玉でしか買えないものってのは基本的に無い。 まぁ100円玉にしか対応していないアーケードゲームとか、ガチャガチャとかあるけども、1000円札を100円玉に両替してしまえば済む話。 100円玉を貯めれば逆に1000円札に両替することも出来る。 ところがごっつ三国や、同様の課金型のゲームにおいては複数の通貨が存在するのが当たり前となっており、その意味を理解するのに一苦労する。
金貨と金塊金塊で金貨を購入する事は出来るが、金貨をいくら貯めても金塊を購入することはできない。 現実世界でも金塊は通常の通貨と異なるが、通貨で金塊を買うことも、金塊を売って通貨を手に入れることも出来る。 つまり、これはわざと不便にしているのだという事がわかる。 また以前記事にしたようにプレイヤーの行動を抑制している俵は金塊でしか買えない。 軍団戦に関係するものは基本的に龍の印でのみ買えるようになっているが、何故かものによって金塊でしか買えないアイテムも存在している。 始めはなんでこんな不便な仕組みをしているのだろうと思ったのだが、しばらくプレイしているとだんだん理由がわかってくる。 例えばガチャは武将ガチャとレア武将ガチャがある。(※)武将ガチャは金貨でキャラを手に入れる事が出来るが、レア度の高いキャラが出ることはない。☆1〜3しか出ないのである。 それに対してレア武将ガチャは金塊を使わないとならないが、☆3以上のキャラで全てのレア度のキャラが出る可能性がある。 ※スペシャルとか皇帝はレアと同様で金塊が必要
ゲームを進行させる上で必要なスキルアップ等の育成は金貨が用いられている。 シナリ…

ベトナム語の絵本を読んでみる 『7CON THIÊN NGA』(1〜4ページ)

イメージ
いつだったか覚えていないが、かなり前にホーチミン市で買った絵本『7CON THIÊN NGA』を読んでみる。実は一行ずつ解読していく過程を全て記していたのだけど、原文を全て記してしまうと著作権法違反で訴えられる可能性がある。 実際にはほぼ訴えられないと思うけど、可能性がある以上原文の全文掲載はせずに翻訳した結果と気になった単語などを記載する事にした。 7CON THIÊN NGA Con は子供 Thiên nga は白鳥 7匹の白鳥の子供という意味だろうか
Trang1(1ページ)昔、昔、王国で 皇后が早くに亡くなり、7人の若い王子と1人の若い王女が残された 王女の名はアリサ 家族みんなで幸せに暮らしていた (Nàng tên là Alysaと書いてあり、em とかとは違う、見たこともない人称代名詞らしい単語があって調べると「高貴な若い女性の人称代名詞(Nàng)」との事。お姫様とかお嬢様に使うようだ) 皇后(hoàng hâu)失う(mất)早くsớm残す(để lại)与える(cho)徳?(đúc)王(vua)7 若い男性(chàng)王子(hoàng)秘術?(tủ)…と(và)1若い女性?(cô)王女(công chúa)偉大な?(cả)家族(gia đinh)住む(sống)家族が集う、団らん(sum vầy)幸せな(hạnh phúc)
Trang2(2ページ)しかし、間もなく王は若い女性と結婚した (nhà vua キング phụ nữ trẻ 若い女性)
そして、王妃として部屋を与えた (hoàng hậu 王妃、妃)
彼女は利己的な人です (người ích kỷ利己的、わがまま)
凶悪な彼女は王を魅了し、父と子の愛情を切り離す方法を探した (độc ác凶悪、残酷)
để chia分割するcách để chia分割する方法chia rẽ切り離すtình cảm愛
Trang3(3ページ)ある日、彼女は王に言いました một hômある日
「陛下、私が思うにアリサ姫は大きくなりました、しかしお転婆な気性なので私の姉の家に連れて行ってしつけ直すべきです」 Tâu bệ hạ 陛下ngổ ngáo お転婆tính tình 気性、機嫌thần 漢越語で臣thiếp 妻がへりくだって言う表現 漢越語で妾dạy dỗ 教え育てる、しつける dạy dỗ lại もう一度しつける? しつけ直す?n…

『ごっつ三国』魏王 曹操のスキル名

イメージ
伝承が実装されて曹操には通常の曹操とは別の『魏王 曹操』という伝承キャラが誕生した。伝承という仕組み自体については以前の記事で自分なりにその時点で思ったことを記している。 今回は伝承という仕組みについて何か記すわけではない。 私が気になっているのは魏王 曹操のスキル名称、とりわけ第一スキルの名称である。 『よこしまな英雄』 第一スキルなので対戦相手が使っていると頻繁にこの文字を見かけることになる。 私はこの文字を見るたびにとても不快な気持ちになる。 歴史を知っているので、曹操がいかに優れた人であり、三国時代の英雄である事を知っている。 このスキル名『よこしまな英雄』は曹操をよこしまな存在だと断定しているに等しい。 よこしまを辞書で調べると よこ‐しま【▽邪/横しま】 正しくないこと。道にはずれていること。また、そのさま。  デジタル大辞泉 小学館  つまり、よこしまな英雄とは正しくない、道に外れた英雄という事になる。 いくらなんでも酷い。  これは演義で作られた印象を元に作られていると思われるが、何故このようなスキル名称にしたのだろうか? 以前の曹操の第一スキルも『奸雄の計』という微妙な名称であったが、伝承ではより明確に曹操を悪役扱いにしてしまったと感じる。 このスキル名称を見てなんとも思わない人もいれば不快に思う人もいるであろうけど、このスキル名称を見て嬉しい人っているのだろうか? 以前から魏のキャラのスキル名称は微妙だと感じるものが多かったしキャラの顔も目つきがキツくて悪そうな感じが多く嫌だなぁと感じていた。 それに対して蜀のキャラは好意的な名称や説明が多く感じられており、中立性が低く演義的な印象になってしまっている。 魏の中でも于禁の説明やスキルは例外的な内容で、于禁が優れた人物である事が記されており好感が持てるが、そうした例外がいくつかあるものの多くのキャラは演義的な説明が行われており不快である。 ごっつ三国の開発をしている国は朱子学を国の統治理念としていたという。 朱熹(朱子)は資治通鑑綱目しじつがんこうもくという歴史書を編纂している。 司馬光の名著『資治通鑑しじつがん』は有名であるが、編年体の歴史書であり三国時代の部分では魏を正統として記されている。 だが、資治通鑑を元として朱熹が編纂した資治通鑑綱目は蜀を正統として書き換えが行われている。 こんなところが影響しているのではないかとふと考えてしまう…