『ごっつ三国』先鋒戦 再考 #3

前回、孫尚香を入れることで状況が大きく改善されるという希望に満ちた内容で終わっていた。
しかし、ちょっと順位が上がるともうだめで、孫尚香を入れただけでは勝てない事がわかった。

孫尚香について、結局メンバーから外した。
どうやら孫尚香の第一スキルは体力が多い敵に印を付けるようだ。
敵として現れるとこちらはワントップだから于禁はいつも体力がなくて二列目に入るのだけど、自分が使うと相手の一列目に入ってしまい、一列目は無敵になっていることも多く、ほとんど倒せない。
運良く、無敵が切れた瞬間に攻撃が集中して入れば勝てるんだけど、何度試しても初めの一回以外はそのような事にならなかった。
強いと思ったが、試せば試すほど結果が出ない編成だと気がついた。
それで元の編成に戻したら、こちらはやっぱり運任せなのだけど、その運任せが実に良いと思うようになった。
誰に当たるかわからない攻撃がたまたま後列に集中したりすると落とせる。
何度か挑戦していれば必ず運が良いときがある。

相手が回復役三人の時はこちらは回復役を一人にしてより攻撃的編成にしている
相手が回復役二人の時は標準編成。
現在の標準編成

相手が回復役三人の時の攻撃編成

ちなみに実践投入はしていないものの田豫を外して司馬炎を入れた引き分け狙い編成もオプションとしては存在している。
前回、司馬炎より袁術を鍛えたほうが良いという分析結果を出していながら、やっぱり途中まで鍛えていた司馬炎を鍛えてしまったのでこのオプションが出来上がった。
司馬炎を入れた引き分け狙い

また、次に考えている編成としては袁術の無敵を無効化出来る孫登の投入。
孫登一人だと沈黙が浄化されちゃうので、あの役に立たない司馬昭を同時投入して攻撃向けの編成にする予定。

ここのところ順位は毎日少しずつ上昇して、もうすぐ50以内に復帰できるかというところ。
ただ、50以内は急にレベルが上昇するのではないかなと予想している。

コメント

このブログの人気の投稿

Googleスプレッドシートの正規表現置換で改行文字

Googleスプレッドシートのimportxml関数をhtmlに使う

『ベトナム語』多言語対応学習アプリDropsを一年以上続けてみた